買取価格と「どう使ってもらいたいか」で売り先を選ぶ

2019年11月より、順次10年の満期を迎える家庭用太陽光発電のFIT(固定価格買取制度)。ご家庭で使わなかった余剰電力をどこに売るかを検討するにあたり、いくらで買い取ってもらえるかは重要な検討事項です。しかし価値あるそのFIT電気、「どのように使われるか」を卒FITを機に考えてみませんか?

再エネ電気の「価値」を本当に必要としてる人や企業へ送り届ける

2019年に「卒FIT」を迎える太陽光発電設備は50万件にものぼると見込まれています。既に複数の新電力が卒FIT電気の買取を表明していますが、多くの場合、それはJEPX(日本卸電力取引所)より安く電気を購入する目的にほかなりません。しかしその先の使われ方はどうでしょうか。

再エネで発電した電気は貴重です。多くの企業は事業活動で排出するCO2の削減に取り組んでいて、あなたの自宅の余剰電力がその実現の手助けとなります。

ブロックチェーンで電気の行方をトラッキング

ビットコインなどに代表される「仮想通貨」の取引に用いられている技術「ブロックチェーン」。永続的で透明性の高い取引履歴を作成、分散管理することができ、「インターネット以来の革命」とまで言われるこの技術ですが、現在あらゆる分野での応用が始まっています。

そしてエネルギー業界においては再生可能エネルギーで発電された電気を価値あるものと位置づけ、それをブロックチェーンを使ってトークン化、トラッキング(追跡)することで、再生可能エネルギーで発電された電気を求める人へ送ることが可能になります。

当社では独自に開発した最先端のブロックチェーン技術を開発。どこで発電された電気が、どこで使われているのかを追跡し、FIT電気を本当に必要としている人や企業へ送り届けます。

買取価格も好条件です

当社ではブロックチェーンを利用し、卒FIT電気を30分毎に変動するJEPX(日本卸電力取引所)の仕入れ価格と連動した価格で買い取らせていただきます。参考までに、2017年度の平均仕入れ価格(関東システムプライス)は10.15円でした。当社では変動するこの仕入れ価格に可能な限り近い価格で買い取らせていただけるよう、現在調整中です。料金等の詳細に関しては決まり次第、順次発表して参ります。

再エネ100%の電気を必要とする企業様へ

当社ではブロックチェーン技術を使って電源をトラッキングすることで、非FIT再生可能エネルギー100%の電気をお届けいたします。RE100に加盟する企業様など、CO2(二酸化炭素)排出の削減を目指す企業様は当社までお問い合わせください。

問い合わせる

バランシンググループを募集しています

当社のバランシンググループに加入したい新電力様を募集しています。当社が独自に開発したブロックチェーン技術によるサービスラインアップの拡充、そしてAI(人工知能)による需給管理の業務効率化、インバランスリスクの低減を実現します。

問い合わせる